プレ更年期ってどんなもの?

みなさんは「プレ更年期」という言葉を聞いたことがありますか?
そもそも、プレ更年期の「更年期」とは一体どういうものなのでしょうか。

更年期とは、閉経前後の約10年間のことをいいます。
具体的には、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの期間をいいます。更年期障害はその時期に起こる原因のわからないモヤモヤした状態、つまり「不定愁訴」のことをいいます。 女性は50歳前後で閉経を迎えるといわれていますが、人によっては個人差があり、早ければ40歳代前半、遅ければ50歳代後半になる例もあります。

卵巣機能の低下で女性ホルモンの分泌が減ることによるさまざまな症状が出てきます。
代表的な身体の症状としては、ほてり、発汗、冷え、むくみ、めまいなど。
イライラ、落ち込み、倦怠感などの精神症状も現れます。

このような「不定愁訴」は漢方の得意分野ともいわれ、更年期の肉体・精神の不安定な状態をやわらげることに適しています。
伝統的な日本の医術「漢方」とじっくり向き合うことで、改善効果も期待できます。

最近では、更年期の前段階の時期の30歳代後半から40歳代前半に「プレ更年期」とよばれる、更年期に似たような症状があらわれる女性が増えてきました。
主な原因としてストレス、栄養不足や睡眠不足など日常生活の不摂生、無理なダイエットが考えられています。
この年齢の女性は、がんばり屋さんが多いのです。そろそろちゃんと「こころ」の声に耳を傾けてみませんか?

すべての女性に更年期はやってきます。
「プレ更年期」の時期からできる対処法や、上手に付き合う方法を一緒に準備していきましょう。


自分にあったプレ更年期対策

更年期になると、体力も下降気味になります。また、更年期後半に入った女性は「女性ホルモン」の影響で、とくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。そのため、たくさんのカルシウムとコラーゲン物質が必要となります。

なんと言っても、規則正しい食事が大切。食生活の見直しを心掛けましょう。プレ更年期を乗り越える食生活のポイントをご紹介します。

プレ更年期の症状を緩和するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。 忙しい毎日で、不規則な生活リズムになっていませんか?

漢方薬は生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものをいい、煎じ薬、丸薬、散薬、膏剤、エキス薬、錠剤などがあります。