自分にあったプレ更年期対策

料理でおいしく対策

食生活の見直しを!簡単健康レシピのご紹介。

なんと言っても、規則正しい食事が大切。食生活の見直しを心掛けましょう。プレ更年期を乗り越える食生活のポイントをご紹介します。1日2~3食バランスのとれた食事をすることを心がけましょう。
最近では、朝食をとらない方も増えていますが、できるだけ食べることをおすすめします。
極端なダイエットもホルモンのバランスが崩れる骨粗鬆症の原因になりますのでご注意を。

更年期を乗り越える食生活のポイントは・・・
血行を促す働きの「ビタミンE」、エストロゲンの代謝に働く「ビタミンB6」。
女性ホルモンに似たはたらきをすることでよく知られている「イソフラボン」。豆腐や豆乳、納豆などから摂取できます。コレステロールも極端なダイエットで脂肪酸の摂取がへっている場合は、適度な摂取も必要です。
他にも、旬の食品からまんべんなく栄養をとるようにしましょう。
また、「冷え」によって血行不良が起こります。
体内に「瘀血(おけつ)」がたまることにより、様々な障害が起こります。体温以上のものを口にし、「冷え」の予防も十分に心掛けてください。

あったか習慣

東洋医学の観点から考えると、冷えは病気の予備軍であり、万病のもとと言われています。
手足の先が冷たいといった症状は、氷山の一角。
冷えには重大な危険性が潜んでいる可能性があります。今回は今日からできる冷え予防をご紹介します。

そもそも冷えの原因は、大きく分けると
①熱を十分につくることができない
②つくった熱をからだの隅々まで届けることができない
の2つだと考えられています。

①については、食べ物の約7割以上が熱エネルギーに変換されるため、三食きちんと食べることが基本となります。
日本人になじみ深いしょうがは、体を温めるにはもってこいの食材です。
身体を冷やす果物は焼いて、焼きみかん、焼きりんご、焼きバナナにすると美味しいです。
カカオや唐辛子などもおすすめですが、辛いからといって冷たい水をたくさん飲まないようにご注意を。
②については、さまざまな原因が考えられますが現代人に多いのは自律神経の乱れのようです。
1日の終わりには、心身をリラックスさせてあげましょう。

冷え性対策には、まずはリラックス。
からだを温める効果があるものを内側から取り入れることも効果的です。

自分にあったプレ更年期対策

更年期になると、体力も下降気味になります。また、更年期後半に入った女性は「女性ホルモン」の影響で、とくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。そのため、たくさんのカルシウムとコラーゲン物質が必要となります。

プレ更年期の症状を緩和するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。 忙しい毎日で、不規則な生活リズムになっていませんか?

漢方薬は生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものをいい、煎じ薬、丸薬、散薬、膏剤、エキス薬、錠剤などがあります。