自分にあったプレ更年期対策

漢方薬でしっかり対策

夏の過ごし方

夏は成長の季節。
内側に蓄えた生命力を発散させる季節です。早起きして1日中よくからだを動かし汗をかいて生命エネルギーを発散させましょう。
冷たいビールや氷入り飲料などを飲みすぎると手足がだるく疲れが取れにくくなります。夏バテの原因になりますので注意しましょう。

夏と漢方薬

夏バテは、疲れて「気」がなくなったうえに、暑さで水分が足りなくなって起こることをいいます。
また、夏に引くカゼは、温熱病といい、暑さにやられる病です。冷房の普及で汗のかき方が体調を左右します。
体力作りをサポート、また水分を補う作用のある食事を摂るよう心がけましょう。

汗で選ぶ漢方薬

夏の暑い状態では、昼夜を問わず発汗が多くなりますね。
熱中症予防のため、早めの水分補給を心がけるようにしましょう。
ここでは、汗の状態で選ぶ漢方薬をご紹介します。

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)
ベットリ感のある汗で胃腸内は熱っぽく、乾いて便秘気味だが胃腸は弱く、強い便秘薬だと腹痛を起こすような方向き。子ども用の便通薬としても利用できます。
消風散(しょうふうさん)
汗のにおいが気になる時に利用できます。
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
のぼせ感があり、頭痛、胃痛、腹痛、こころの痛みなどで汗をかきやすい方に向いています。
小柴胡湯(しょうさいことう)
いつまでもカゼが治り切らず、食欲不振で気分までうっとうしいときに向いています。

※漢方薬はお一人お一人の体質別のお薬です。漢方専門薬局の薬剤師さんとご相談のうえ、服用してください。

自分にあったプレ更年期対策

更年期になると、体力も下降気味になります。また、更年期後半に入った女性は「女性ホルモン」の影響で、とくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。そのため、たくさんのカルシウムとコラーゲン物質が必要となります。

なんと言っても、規則正しい食事が大切。食生活の見直しを心掛けましょう。プレ更年期を乗り越える食生活のポイントをご紹介します。

プレ更年期の症状を緩和するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。 忙しい毎日で、不規則な生活リズムになっていませんか?