自分にあったプレ更年期対策

漢方薬でしっかり対策

自然で体に優しい漢方薬ってどんなもの?~漢方薬の種類

漢方薬は生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを組み合わされて作られたものをいい、煎じ薬、丸薬、散薬、膏剤、エキス薬、錠剤などがあります。
中でも植物の根や樹皮、葉、種子、果実などを組み合わせ、コトコト煮出す煎じ葉や丸薬、散薬、膏剤は歴史のある本物の漢方薬です。
漢方薬はお一人お一人の体質別のお薬です。漢方専門薬局の薬剤師さんとご相談のうえ、服用してください。

カゼには即効漢方!

カゼほど誰でも経験する病はないですが、カゼほど自己治療しやすい病もありません。
自然治癒力(治る力)を十分に引き出し、自分で治してしまいましょう。それには、まずカゼの引き方を知りましょう。

「口が渇く」「喉が痛い」は津液(しんえき)の偏りによるもの。津液とは、身体の生理的水分のことです。
くしゃみや悪寒(背中のゾクゾク)は免疫力が働いて「体温を上げろ」という指示です。
鼻水が出だしたら、排泄反応の始まりです。それらの信号を一刻も早く感じとり調和を取りもどすことが大切です。
カゼを引いたことをマイナスイメージで受け止めないで、体質改善のチャンスと即効漢方の腕試し時!と考えてみませんか?

『カゼには即効漢方―自分で選んで自分で治す』 小池 加能著 保健同人社 引用

※漢方薬はお一人お一人の体質別のお薬です。漢方専門薬局の薬剤師さんとご相談のうえ、服用してください。

自分にあったプレ更年期対策

更年期になると、体力も下降気味になります。また、更年期後半に入った女性は「女性ホルモン」の影響で、とくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。そのため、たくさんのカルシウムとコラーゲン物質が必要となります。

なんと言っても、規則正しい食事が大切。食生活の見直しを心掛けましょう。プレ更年期を乗り越える食生活のポイントをご紹介します。

プレ更年期の症状を緩和するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。 忙しい毎日で、不規則な生活リズムになっていませんか?