自分にあったプレ更年期対策

ストレス解消でスッキリ対策

好きなことに囲まれて、癒しの時間を作りませんか?

プレ更年期の症状を緩和するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。
環境の変化、忙しい毎日、飲食の不摂生や無理なダイエット。そこから生まれるストレスは人によってさまざまです。

大事なのは自分を解放してあげること。
お気に入りのアロマで癒されるのもよし、1人静かに読書をしたり、大好きな音楽を聴いたり、映画を観たり・・・
自分が楽しいと思うことをやってみてください。

「ストレス=悪」ではない

ストレスとは「刺激(ストレッサー)を受けたときに生じる、からだや心のゆがみ」のことをいいます。
ストレスが過剰にたまると、心が病気になったり、からだにも悪影響をあたえることがあります。
毎日の生活の中で、ストレスを感じることがたくさんあると思います。
けれど、ストレスによる緊張は人が活発に活動するためにある程度は必要なものです。

例えば、怒りや喜びといった感情、家族、仕事、人間関係、さらには音や温度や光までもがストレスの要因となります。ストレスが体や心に悪い影響を及ぼすのは、それがあまり強すぎたり、過度に蓄積されてしまった結果、心身が受けとめられる限度を超えてしまった場合です。
それを防ぐためには、たまってしまったストレスを発散する術をもつことが一番。
そしてストレスへの適応力を高め、上手にストレスと付き合っていくことが大切です。

自分にあったプレ更年期対策

更年期になると、体力も下降気味になります。また、更年期後半に入った女性は「女性ホルモン」の影響で、とくに骨粗鬆症にかかりやすいとされています。そのため、たくさんのカルシウムとコラーゲン物質が必要となります。

なんと言っても、規則正しい食事が大切。食生活の見直しを心掛けましょう。プレ更年期を乗り越える食生活のポイントをご紹介します。

漢方薬は生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものをいい、煎じ薬、丸薬、散薬、膏剤、エキス薬、錠剤などがあります。